Jun 222017
 

SRM supports two different replication technologies, Storage Array or Array-Based Replication and vSphere Replication. One of the key decisions when implementing SRM is which technology to use and for what VMs. The two technologies can be used together in an SRM environment though not to protect the same VM. Given that, what are the differences

The post SRM – Array Based Replication vs. vSphere Replication appeared first on Virtual Blocks.

Mai 312017
 

If you’re listening to this podcast you’ve probably heard it said that Nonvolatile memory express (NVMe) is the future of storage. The goal is to give flash drives in a storage network the same I/O speed as one connected directly to a computer via PCIe. This week John and I bring on Flash expert Dave

The post vSpeaking Podcast Episode 46: NVMe appeared first on Virtual Blocks.

Mai 312017
 

みなさん、こんにちは。VMwareでパートナー様を担当させて頂いてますSEの北村です。

今回は、Site Recovery Manager (SRM) のコンパチビリティに関連した次の2点について、Cloud Infrastructure Blog に投稿したいと思います。

1. SRM がサポート対象としている vCenter Server と ESXi のバージョンについて
2. SRM の Guest Operating System Customization Support について

では、それぞれについて記載していきます。

 

1. SRM がサポート対象としている vCenter Server と ESXi のバージョンについて

例えば、SRM 6.5 がサポートしている vCenter Server のバージョンは 6.5 ですが、SRM 6.5 がサポートしている ESXi のバージョンは、vCenter Server 6.5 がサポートしている ESXi と同じバージョンになります。 この事は、Compatibility Matrixes for VMware Site Recovery Manager 6.5 の vCenter Server Requirements と ESXi Server Requirements で確認できます。

ただし、SRM 環境で異なるバージョンの ESXi が混在している場合、仮想マシン・ハードウェア・バージョンなど、vSphere としての互換性が求められる場合があります。 つまり、SRM の保護サイトが vSphere 6.5 ( vCenter Server も ESXi もバージョンは 6.5) で、災害対策サイトが vCenter Server 6.5 と ESXi 6.0 の場合、仮想マシン・ハードウェア・バージョン 13 は、ESXi 6.0 ではサポートされませんので、この様なサイト間では、使用される仮想マシン・ハードウェア・バージョンは 11 より以前のバージョンである必要があります。 この様に、SRM 環境においては、保護サイトと災害対策サイトの 2つのサイトを 1つのシステムとして考える必要があります。

参考情報:Virtual machine hardware versions (1003746)

図1:SRM 6.5 ドキュメント ページ

図2:Compatibility Matrixes for VMware Site Recovery Manager 6.5 ページ

SRM の Compatibility Matrixes は、それぞれの SRM のバージョン毎に存在しています。 上記、図1は最新バージョンの SRM 6.5 のドキュメント ページです。 オレンジ色で囲われている “Site Recovery Manager 6.5 の互換性マトリックス” をクリックすると、図2の SRM 6.5 の Compatibility Matrixes のページが表示されます (他の SRM のバージョンでも同様です)。 Compatibility Matrixes のページは英語表記のみでの提供となっています。

 

2. SRM の Guest Operating System Customization Support について

SRMでは、仮想マシンの IP 設定をカスタマイズする機能を提供しています。この機能を使う事で、仮想マシンが災害対策サイトで起動されるときに、今まで使用していた保護サイトの IP 設定を災害対策サイトの IP 設定に上書きする事ができます。この事を “SRM のゲスト OS の IP カスタマイズ” と、言ったりするのですが、このカスタマイズのサポート対象となるゲストOSのマトリックスを公開しています。

図3:Compatibility Matrixes for VMware Site Recovery Manager 6.5 ページの プルダウンメニュー

図3の SRM 6.5 の Compatibility Matrixes のページで、プルダウンメニューから Guest Operating System Support を選択すると、次の図4のページが表示されます。

図4:SRM 6.5 Compatibility Matrixes ページ

このページ (図4) で、SRM 6.5 でサポート対象となる Guest Operating System SupportGuest Operating System Customization Support について説明していますが、Guest Operating System Customization Support の中で、SRM のゲスト OS の IP カスタマイズのサポート対象を PDF:VMware Guest OS Customization Support Matrix で公開しています。

また、仮想マシンによっては、複数の IP アドレスが割り当てられている場合がありますが、&#rdquo;SRM のゲスト OS の IP カスタマイズ&#rsquo; としてサポートされる構成について、KB (Knowledge Base) を公開しています (英語のみ)。

以下は SRM 6.5 の KB になりますが、SRM 5.8 以降、Operational Limits for Site Recovery Manager X.X (X.X は、5.8、6.0、6.1、または、6.5) という KB を公開しています (KB のサイトで “Operational Limits for Site Recovery Manager” というキーワードで検索すると、他の SRM のバージョンの KB も検索結果から参照できます)。

Operational Limits for Site Recovery Manager 6.5 (2147110)

上記 KB 内で、IP Customization Maximums for Site Recovery Manager 6.5というセクションに記載されている内容 (以下はその抜粋) がサポートされる構成となります。

=== KB2147110 より抜粋 ===
IP Customization Maximums for Site Recovery Manager 6.5
If you implement IP customization for recovered virtual machines, you can configure a maximum of one IP address for each NIC, using DHCP, static IPv4, or static IPv6. For static IPv4 or IPv6 addresses, you provide the following information per NIC:
・1 IP address
・Subnet information
・1 gateway server address
・2 DNS servers (primary and secondary)
====================

上記、KBのポイントは、「仮想マシンの個々 (複数) の vNIC に、それぞれ 1つの IP アドレスが割り当てられている構成がサポートされる構成」 という点です。

似ている構成として、「仮想マシンの 1つ vNIC に複数の IP アドレスが割り当てられている構成」 も考えられますが、以下の KBで公開されている通り、この構成は、SRM の IP カスタマイズではサポートされませんので、ご注意ください。

Can I use multiple IP addresses mapping to a single NIC with vCenter VMware Site Recovery Manager’s IP customization? (2129186)

今回触れた SRM の Compatibility Matrixesですが、日々の活動の中で、意外と存在を知られていない、と感じる事が続いた為、今回はこの件をピックアップしてブログにさせて頂きました。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。今回は以上となります。またの機会をお楽しみに。

The post ちょっとした技術的な TIPs のご紹介 (2017.05) appeared first on Japan Cloud Infrastructure Blog.

Mai 162017
 

This week on the Virtually Speaking Podcast John and I headed out to Vegas for DellEMC World to grab some great conversations with Chad Sakac, the SEV Ops crew (Aaron Buley, Tyler Gates and Russ Cantwell) and Michael Dell. Enjoy! Show Related Links Watch Sessions and General Sessions Virtual Geek Sev Ops Videos The Virtually

The post vSpeaking Podcast Episode 44: DellEMC World appeared first on Virtual Blocks.

Mai 052017
 

VMware, the leader in private cloud, and Amazon Web Services, the leader in public cloud, are partnering to provide a new VMware vSphere-based cloud service running on AWS. This service will make it easier to run any application, using a common set of familiar software and tools, in a consistent hybrid cloud environment. AWS will

The post vSpeaking Podcast Episode 43: VMware Cloud on AWS appeared first on Virtual Blocks.

Apr 282017
 

In the world of HCI vSAN helped redefine the possible in the primary storage space. Now Cohesity is looking to bring these same principles and advantages to the secondary storage space. Secondary data consumes about 80% of enterprise storage capacity and imposes a huge burden on enterprise IT budgets. Cohesity calls this the Storage Iceberg.

The post vSpeaking Podcast Episode 42: Secondary Storage with Cohesity appeared first on Virtual Blocks.

Apr 282017
 

みなさん、こんにちは。VMwareでパートナー様を担当させて頂いてますSEの北村です。

今回は Cloud Infrastructure Blog に次の3つをTIPs として投稿したいと思います。

1. vSphere Replication の数の制限について
2. vSphere Replication と Site Recovery Manager を共に使用する場合の構成について
3. vSphere 5.x と 6.x の Products Offering の KB (Knowledge Base) 紹介

では、それぞれについて記載していきます。

 

1. vSphere Replication の数の制限について

vSphere Replication は、ハイパーバイザー ベースで仮想マシンのレプリケーションを行う vCenter Server の拡張機能です。ストレージ・アレイ・ベースのレプリケーションを代替する機能なため、弊社の Disaster Recovery ソリューションである、Site Recovery Manager と共に使用するケースが多いですが、vSphere Replication を使用してれ保護 (レプリケーション) できる仮想マシンの数には制限 (上限) がある事はご存知でしょうか?

Operational Limits for vSphere Replication 6.x (2102453)

上記のKBでその数の制限 (上限) について説明しています。KBの中には以下の表があり、この表から、1台の vCenter Server 環境で最大 2,000台の仮想マシンを保護することができ、その際に必要となる vSphere Replication Appliance は1台、vSphere Replication Server が9台である事がわかります。つまり、1台の vSphere Replication Appliance と、9台の vSphere Replication Server が、それぞれ 200台の仮想マシンの保護を担う事で、合計 2,000 台の仮想マシンの保護を可能としています。

では、vSphere Replication Appliance と vSphere Replication Server ですが、何が違うのでしょうか?

vSphere Replication Appliance には、以下の 2つの役割があります。

  1. vSphere Replication Management Server:vCenter Server や vSphere Replication Server の構成と管理
  2. vSphere Replication Server:データの受信と書き込み

vSphere Replicationを使用する環境に最初に展開される Appliance は①と②の機能を有しており、200台を超える仮想マシンを保護したい環境に追加で展開される Appliance は②の機能のみ有しているという違いがあります。そして、①と②の機能を有している Appliance を vSphere Replication Appliance、②の機能のみを有している Appliance を vSphere Replication Server と呼びます。

 

2. vSphere Replication と Site Recovery Manager を共に使用する場合の構成について

では、Site Recovery Manager と共に使用する場合、vSphere Replication Appliance とvSphere Replication Server は、保護サイトと災害対策サイトのそれぞれにどのように配置する事になるでしょうか?

  1. まず、保護サイトと災害対策サイトの双方に vSphere Replication Appliance を展開します。
  2. 次に、保護対象の仮想マシンの数が 200 台以上の場合、災害対策サイトに、200 台の仮想マシン毎に vSphere Replication Server を展開します。
  3. 保護サイトから災害対策サイトへの片方向のレプリケーション構成の場合、受信側となる災害対策サイトだけにvSphere Replication Server を展開すればいいとなりますが、Site Recovery Manager と共に使用している DR (Disaster Recovery) システムとして考慮するならば、サイト・フェイルオーバ後のサイト・フェイルバックまでを想定した Appliance の配置をしておくのが一般的と言えますので、保護サイトと災害対策サイトの両サイトに同じ台数の vSphere Replication Server を展開しておく事を弊社としては推奨しています。
  4. 尚、当然ですが、保護サイトと災害対策サイトが双方向のレプリケーション構成の場合は、両サイトに必要な数 (仮想マシン数に応じた) だけの vSphere Replication Server を展開する事になります。

例えば、500台の仮想マシンを vSphere Replication と Site Recovery Manager を使用して、片方向のレプリケーション構成としたDRシステムの場合、保護サイトと災害対策サイトに、それぞれ、1台の vSphere Replication Appliance と、2台の vSphere Replication Server を配置する、と言う事になりますので、図にすると以下のようなイメージになります。

 

3. vSphere 5.x と 6.x の Products Offering のKB (Knowledge Base) 紹介

皆さん、以下の KB はご存知でしょうか?

vSphere 5.x の各エディション (一部、キット) で提供されているる機能:

  • 英語版 :Product offerings for vSphere 5.x (2001113)
  • 日本語版:vSphere 5.x プロダクト提供 (2073973)

vSphere 6.x の各エディション (一部、キット) で提供されているる機能:

  • 英語版 :Product offerings for vSphere 6.x (2109507)
  • 日本語版:vSphere 6.x の各エディションにおける機能一覧 (2111426)

これらの KB は、それぞれ vSphere で利用可能な機能を一覧表にしていますが、&#rsquo;ある機能が、vSphere の、どのバージョン、どのエディション (一部、キット)&#rdquo; で利用できるのか、という事が解るようになっています。

 

ではどんな時に役に立つのかと言うと、例えば、次のような疑問を持った場合に上記の KB 参照する事で疑問を解決できます。

  1. Storage vMotion はどのバージョンのどのエディション (キット) でサポートされている機能なのか?
  2. vSphere Replication はどのバージョンのどのエディション (キット) でサポートされている機能なのか?
  3. vSphere Fault Tolerance どのバージョンのどのエディション (キット) でサポートされている機能なのか?

KBから上記の 1 から 3 の答えは、それぞれ以下である事が解ります。

vSphere 5.x の場合;

  1. vSphere 5.0 の Enterprise、Enterprise Plus と、vSphere 5.1 以降の Standard、Enterprise、Enterprise Plus でサポートされる機能です。
  2. vSphere 5.1 以降の Essentials Plus と、vSphere 5.0 以降の Standard、Enterprise、Enterprise Plus でサポートされる機能です。
  3. vSphere 5.0 の Enterprise、Enterprise Plus と、vSphere 5.1 以降の Standard、Enterprise、Enterprise Plus でサポートされる機能です。

vSphere 6.0 の場合;

  1. vSphere 6.0 の Standard、Enterprise、Enterprise Plus でサポートされる機能です。
  2. vSphere 6.0 の Essentials Plus、Standard、Enterprise、Enterprise Plus でサポートされる機能です。
  3. vSphere 6.0 の Standard、Enterprise、Enterprise Plus でサポートされる機能で、サポートされる vCPU の数がエディションによって異なるので注意が必要です (Standard と Enterprise の場合は 最大で 2 vCPU、Enterprise Plus は最大で 4 vCPU の vCPU を搭載した仮想マシンを Fault Tolerance 化する事が出来ます)。

注) &#rsquo;Product offerings for vSphere 6.x (2109507)&#rdquo; と &#rsquo;vSphere 6.x の各エディションにおける機能一覧 (2111426)&#rdquo; に vSphere 6.5 に関する情報の追記を関係部門に依頼中 (2017年4月28日 (金) の時点)。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。今回は以上となります。またの機会をお楽しみに。

The post ちょっとした技術的な TIPs のご紹介 appeared first on Japan Cloud Infrastructure Blog.

Apr 272017
 

VMware vSphere Replication (VR) is a replication feature that is included with vSphere Essentials Plus Kit and higher editions of vSphere. Replication is configured on a per-VM basis with RPOs as low as five minutes. It is compatible with vSAN, as well as, other datastore types such as VMFS, NFS, and vSphere Virtual Volumes (VVols).

The post vSAN Storage Policy Assigned to vSphere Replication Replicas appeared first on Virtual Blocks.

Apr 272017
 

VMware vSphere Replication (VR) is a replication feature that is included with vSphere Essentials Plus Kit and higher editions of vSphere. Replication is configured on a per-VM basis with RPOs as low as five minutes. It is compatible with vSAN, as well as, other datastore types such as VMFS, NFS, and vSphere Virtual Volumes (VVols).

The post vSAN Storage Policy Assigned to vSphere Replication Replicas appeared first on Virtual Blocks.

Apr 182017
 

LastweekVMware announced the launch of vSAN 6.6. Even more so than previous releases, this is a feature-packed release with advanced enterprise features that make vSAN faster, more cost effective and more secure than ever before. This week on the vSpeaking Podcast we bring inPeter Koehlerfor Part 2 of our vSAN 6.6 coverage and walk us

The post vSpeaking Podcast Episode 41: vSAN 6.6 Part 2 appeared first on Virtual Blocks.

Mrz 242017
 

This month’s massive outage of Amazon Web Services&#rsquo; S3 (Simple Storage Service) platform, was if nothing else a reminder to us all that we need to have Disaster Recovery plans we can count on. This week we bring in one of VMware’s Disaster Recovery experts, GS Khalsa to discuss various aspects of Availability and Disaster

The post vSpeaking Podcast Episode 39: Disaster Recovery with GS Khalsa appeared first on Virtual Blocks.

Mrz 142017
 

Have you ever stopped to think what if conventional wisdom on the consumption of resources is wrong? This week on the Virtually Speaking Podcast we bring in one of VMware’s performance experts, Sr. Technical Marketing Manager Peter Koehler to break down some common misconceptions around storage performance and provide a deeper look into how vSAN

The post vSpeaking Podcast Episode 38: Storage Performance appeared first on Virtual Blocks.

Mrz 032017
 

  The previous postin this seriesdiscussed the recovery plan test process built into SRM. In this post I’ll talk about some alternative methods of testing SRM recovery plans as well as recommendations around SRM and testing. SRM has a robust method of testing the operation of a recovery plan non-disruptively. However, for some customers and

The post Recovery Testing and SRM pt 2 – Alternatives appeared first on Virtual Blocks.

vSpeaking Podcast Episode 37: Storage and Availability with Yanbing Li

 Allgemein, Knowledge Base, Site Recovery Manager, Updates, VMware, VMware Partner, VMware Virtual Infrastructure, vSphere  Kommentare deaktiviert für vSpeaking Podcast Episode 37: Storage and Availability with Yanbing Li
Feb 282017
 

A few weeks ago, VMware reported solid fourth quarter earnings of $441 million, or $1.04 a share, on revenue of $2.03 billion, up 9 percent from a year ago. Non-GAAP earnings were $1.43 a share. CEO Pat Gelsinger said VMware’s fourth quarter was “one of the most balanced quarters for VMware in years.” One of

The post vSpeaking Podcast Episode 37: Storage and Availability with Yanbing Li appeared first on Virtual Blocks.

vSpeaking Podcast Episode 37: Storage and Availability with Yanbing Li

 Allgemein, Knowledge Base, Site Recovery Manager, Updates, VMware, VMware Partner, VMware Virtual Infrastructure, vSphere  Kommentare deaktiviert für vSpeaking Podcast Episode 37: Storage and Availability with Yanbing Li
Feb 282017
 

A few weeks ago, VMware reported solid fourth quarter earnings of $441 million, or $1.04 a share, on revenue of $2.03 billion, up 9 percent from a year ago. Non-GAAP earnings were $1.43 a share. CEO Pat Gelsinger said VMware’s fourth quarter was “one of the most balanced quarters for VMware in years.” One of

The post vSpeaking Podcast Episode 37: Storage and Availability with Yanbing Li appeared first on Virtual Blocks.